医院概要

院長中川 芳樹

院長 中川 芳樹

略 歴
  奈良県立奈良高等学校 卒業
昭和55年 愛媛大学医学部医学科 卒業
平成02年 大阪大学大学院医学研究科博士課程 卒業(医学博士)
 
  • 大阪大学医学部附属病院
  • 大阪警察病院
  • 大阪市立小児保健センター
  • (現 大阪市立総合医療センター)
  • 国立療養所 刀根山病院
  • (現 国立病院機構刀根山病院)
  • 等に勤務。
平成3年6月 中川医院を開設 現在に至る。

院内のご紹介

院内の様子

設備のご紹介

心電図

心電図

心臓の収縮・拡張が正常に行なわれているか、心臓の筋肉に酸素と栄養を供給している冠状動脈の血流の流れが円滑に行なわれているか(動脈硬化がないか)、心筋に異常がないかなどが検査できます。

半導体レーザー治療器

半導体レーザー治療器

レーザー光により組織の切開・焼灼を行う高出力レーザー(レーザーメス)と異なり、低出力レーザー治療は生体に熱作用を与えないレベルのレーザー光を照射することで、レーザーの光作用を利用して血行を改善したり、痛みを和らげる治療法です。 痛みを伴わない、非侵襲な治療法として注目されています。
低出力の半導体レーザーには「筋肉・関節の慢性非感染性の炎症による疼痛を緩解」する効果があります。 臨床的には、関節痛、打撲、捻挫、リウマチ、筋性頭痛、三叉神経痛、後頭神経痛、肩こり、五十肩、背痛、腰痛などの痛みに応用されています。